札幌市中央区の庄内歯科です。歯の移植・予防歯科・ウォーターピックはお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせはこちら
TEL:011-521-2488
フリーダイヤル 0120-80-4071

ウォーターピックで歯周病予防

ウォーターピックで歯周病予防

ウォーターピックで歯周病予防

全身にも悪影響を与える歯周病
歯周病予防には、歯と歯茎の隙間(歯肉溝)のケアが大事です。
歯周病になると歯と歯茎の隙間が深くなり、歯周ポケットを作ります。その中に歯周病菌が住み付きます。その歯周ポケット内のケアは歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスでは届きにくいのです。
歯周病菌は歯周ポケット内の血管から侵入し全身に回り色々な病気を引き起こす原因の一因に成ります。また日本成人の80%以上は歯周病にかかっているといわれています。
歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスで歯周病を防ぐのは極めて難しく、歯間ブラシ、デンタルフロスでは使えない部位や使いにくい部位もあります。更に高齢になると手指の運動能力の衰えにより困難になる場合があります。使っている方は非常に努力家です。努力家にはオーバーブラッシングがみられることが多々あります。
以上のような事に答えてくれるのがウォーターピックです。

健康歯

イメージ画像

 

矢印

歯周病

イメージ画像

 

歯肉溝のケアが出来ないと健康な歯でも歯の周りの歯肉溝が汚れて歯石も出来、歯周ポケットを作り、歯周病になります。

ウォーターピック(WP)

WPは水の力で歯と歯茎をケアする脈動水流です。
WPは、ジェットノズルを使います。水圧調整ダイヤルは7~10として、6~7m飛ぶ水の強さが必要です。弱いと効果は期待できません。30℃~36℃のぬるま湯を1~1.2?を使用します。歯と歯茎の境目(歯頸部)を歯面に対して垂直にノズルの先をあて歯の表側と裏側を歯頸部と歯と歯の間をゆっくりと移動させます。このことにより歯頸部と歯と歯の間の歯垢(プラーク)は除去され、歯肉溝の洗浄も行うことが出来ます。さらに歯茎のマッサージにも効果があります。歯並びが悪い部位も効果を発揮します。初めて使う場合は、弱い水圧から始め、1~2週間かけ徐々に水圧を上げ、使い方と水圧に慣れる様にします。WPの類似品は数社出ています。水圧が各社違います。水圧を6~7mの飛距離に調節してください。それ以上飛ぶ水の強さは避けて下さい。

歯ブラシで歯茎が傷ついた画像

WPを使用している姿勢です。

歯ブラシで歯茎が傷ついた画像

歯と歯茎の境目を歯面に対して垂直ノにズルの先をあて歯の表側と裏側を歯頸部と歯と歯の間をゆっくりと移動させます。

歯ブラシで歯茎が傷ついた画像
ウォーターピック(WP)です。40年以上前にアメリカで開発されたものです。類似品はいろいろあります。基本はジェットチップをつかいます。左のチップは奥の臼歯の影の部位に当てやすいように当院で曲げています。水の強さは6~7m飛ぶ力が必要です。
WP使用前と使用後の画像

WPを使用すると、青く染まったデンタルプラークが数秒で右の様に綺麗になります。

★8028を目標にする当院ですすめるセルフケアは歯と歯茎を健康にする口腔ケアです。その結果 審美的口腔を維持する事ができます。

当院で推奨している効果的で効率の良い口腔内清掃(オーラルセルフケア)は、歯ブラシによるブラッシング後、ウォーターピック(WP)を利用する事です。WPの導入により歯ブラシの時間を短縮し歯茎にかかる負担を少なくすることが出来ます。更に歯磨剤では得られない爽やかな口の中になります。 歯ブラシは柔らか目か普通の硬さを使い3分以内で歯茎に負担のかからないように歯磨きします。力の強い人は柔らか目の歯ブラシを選択して下さい。効率の良い音波式電動歯ブラシの場合は2分で十分です。また舌もプラークが付いていますので舌ブラシを使い優しく5回程こすります。その後WPを使います。特に就寝前は必ずWPを使ってください。朝起きた時の口の中の爽やかさが違います。初めは歯茎からの出血があるかもしれません。その部は歯周病か歯肉炎で歯茎が腫れている部位と思われますが、1週間ほどで出血は止まります。一日3回の歯ブラシとWPはお口に自信が持てるようになります。
インプラントも歯周病になります。感染すると進行が歯より早く進み、回復も難しくなります。毎日のセルフケアが非常に大事になります。WPは必需品です。しかしインプラント手術後は6ヵ月間使えません。その後は欠かさずに使ってもらいます。 また歯周病の歯周外科的処置後も6ヵ月間使用できません。その後は必ず使用するよう勧めています。 口腔内のメンテナンスは3~6ヵ月ごとに来院してもらいます。年令を増すごとに口腔清掃が難しくなってきます。また高齢になってくると振動する機械は苦手と言われる方がいますが、若いころからWPと電動ブラシに慣れておくことをお勧めします。

歯茎が下がって歯が長くなっている画像
歯茎が傷つき、歯が長くなり、歯の面も減ってきます。

口臭が気になる、呼気に自信を持ちたい。この様な気持ちからついつい歯ブラシに力が入り時間をかけてしまう、また歯磨き剤に頼るようになる。その事で歯と歯茎のダメージが大きくなり、歯茎が下がり、歯が長くなります。また歯と歯茎の境目が削れてきます。

歯ブラシで歯茎が傷ついた画像

WPを使うことにより、歯ブラシの時間を短くすることが出来ます。
歯茎の回復が見られます。

歯ブラシで歯茎が傷ついた画像

口臭を防ぐため、毎朝20分以上歯ブラシをしていた方です。歯が長くなると同時に歯茎の傷みがみられます。この事により歯ブラシは柔らか目を使い3分以内にしてもらい、WPを使ってもらいました。10週後の写真では歯茎の傷は回復し更に歯間の清掃状態も良くなっています。

歯ブラシで歯茎が傷ついた画像

歯茎のダメージが回復しています。歯と歯の間も非常に綺麗になっています。