札幌市中央区の庄内歯科です。歯の移植・予防歯科・ウォーターピックはお任せ下さい。

ご予約・お問い合わせはこちら
TEL:011-521-2488
フリーダイヤル 0120-80-4071

歯の移植・インプラント

歯の移植

歯の移植
・親知らず(智歯)の移植は保険適応です。
やむを得ず抜歯になった場合にその部に適合するドナー歯(移植歯)があれば移植をおこなうことができます。成長期の20歳未満の場合にはインプラントは禁忌ですが、歯の移植は智歯が出来始める14歳ごろから高齢者まで可能です。
○ドナー歯(主に智歯)を利用した歯の移植は保険の適応条件が緩和されほとんどのケースで保険治療が行えるようになりました。欠損部の治療法はインプラントより歯の移植を優先し検討するようにしています。

若年層の歯の移植

若年層の歯の移植

  • 移植用智歯
  • 移植後智歯
  • 移植後12年経過

若年者ではドナー歯があれば歯の移植が最も良い選択になります。14歳で右下第1大臼歯が虫歯になり抜歯をし、その結果欠損部に移植を行った。移植歯は、右下の智歯(親知らず歯、第3大臼歯)は形体が似ているが根の成長が時期尚早の為右上の智歯をドナー歯として右下第1大臼歯部に移植を行い12年経過しています。

移植手術前
移植手術後
移植用智歯
移植の様子

同側の智歯をドナー歯とすることにより歯の形態が似ているため専門家がみても違和感がありません。

歯の移植

歯の移植

  • 移植前の移植用智歯
  • 移植後の智歯
  • 智歯

智歯が原因で第2大臼歯が歯冠崩壊(虫歯)を来たしたケースです。しかしこの智歯をドナー歯として移植しました。

歯の移植とインプラント

歯の移植とインプラント

10年前に破折した差し歯 現在の移植歯

第2大臼歯が智歯の影響で歯ぐきが腫れ抜歯を余儀なくされましたが、智歯をドナー歯として移植し欠損部にはインプラントを行ったケースです。

ティースバンク対応歯科医院

広島大学歯学部矯正科、神奈川歯科大学矯正科では、親知らず(智歯)や矯正で余分な歯を抜きその歯を冷凍保存し将来自分の歯を失った時にドナー歯として利用するティースバンクを行っています。

広島大学ティースバンク:http://www.teethbank.jp/

インプラント

インプラント(人工歯根)

インプラント(人工歯根)

歯が無くなった場合に自分の歯の様に回復出来る処置です。
インプラントは20才以上の健康な人は可能で、適応範囲の広い治療です。満足な咀嚼と審美を回復することが出来ます。

インプラント画像
インプラント術後画像

ミニインプラント

ミニインプラント

下顎の総義歯の安定を増す為に行うインプラントです。

長い間、総義歯を使っていると下顎の骨が吸収し総義歯が不安定になり、思うように食事が出来なくなることがあります。この様な場合には、ミニインプラントが最適です。
かって存在した犬歯(糸切り歯)と犬歯の間にミニインプラントを4本入れることにより、その日のうちに下顎の義歯が安定し、美味しく食事が出来るようになります。浸潤麻酔で行いますが、術中、術後もほとんど痛みはありません。 またご自分で義歯を取り外す事が出来、歯ブラシでインプラントも掃除します。

  • ミニインプラント
    下顎にミニインプラントを入れその日のうちに入れ歯を固定安定することが出来ます。
  • 入れ歯画像

    入れ歯は、自分自身で取り外しをして綺麗にすることが出来ます。

  • 噛み合わせ画像

    下顎の入れ歯が固定されているので、安定した咬み合わせが得られます。